会社設立の流れをわかりやすく解説中!

合同会社と株式会社を設立する際の手続きの違いを比較

合同会社と株式会社を設立する際に必要な手続きの違いを比較していきます。

会社設立の流れ

STEP.1
事前準備をする
やることリスト
  • 法人形態を選ぶ(株式会社or合同会社)。
  • 社名を決める。
  • 事業目的を決める。
  • 資本金額を決める。
  • 個人の実印の印鑑登録証明書を取得する。
  • 本社のオフィスを準備する。

詳細は割愛しますが、これらは必ず必要になります。

STEP.2
書類を作成
やること

登記申請書といった登記書類を作成します。

STEP.3
資本金を口座に入金する
やること

発起人(=設立作業をする人)の誰か1人の銀行口座に資本金を全額入金しする作業です。
登記書類の作成に必須となります。

STEP.4
印鑑を購入する
買うものリスト
  • 法人の実印
  • 法人の銀行印
  • 法人の認印

ほとんどの印鑑ショップでこれら3点のセットが販売されています。/p>

STEP.5
公証役場へ定款を提出
合同会社は不要

公証役場で行う「定款認証」という作業は株式会社のみ必要です。

STEP.6
定款の認証を受ける
合同会社は不要

公証役場で行う「定款認証」という作業は株式会社のみ必要です。

STEP.7
法務局で登記を行う
やること

ここまでで作成した登記書類を設立する会社の本社を管轄する法務局へ提出します。
提出日が会社の設立日となります。

結論:合同会社のほうが簡単で安い

合同会社で不要な作業
  • 公証役場での定款認証
合同会社で不要な費用
  • 定款認証手数料(52000円)
登録免許税(法務局に納めるお金)
合同会社6万円
株式会社15万円

注意:合同会社のほうが良いとは言い切れない!

確かに合同会社は株式会社より設立しやすいですが、双方にメリットやデメリットがあるのでどちらが良いと明確に言うことはできません。

株式会社と合同会社のどちらを選ぶべき?

会社の目的や創業者の人数、事業内容などによって適している法人形態は異なります。
詳しくは以下の記事にまとめていますのでご覧ください。