会社設立の流れをわかりやすく解説中!

社名を決め方と注意点を徹底解説

会社の社名の決め方を解説すると共に、注意点とルールを紹介しています。

1.失敗しない社名の決め方


と言っても...

社名の選び方にルールがあるわけではないため、後述する「使用できる文字」の範囲内であれば自由に決めてしまって構いません。


でも以下の点に注意!

社名はお客様や取引先をはじめとして世間に広く公開されるものであるため、以下を基準に選ぶことをおすすめします。

愛着が持てるかどうか
これはわかりやすいですが、作った会社に愛着を持てたほうがモチベーションも上がるので適当に決めるのは避けましょう。
意味きちんとを説明できるかどうか
創業当初に特に言えることですが、社名の由来を聞かれる機会があるためです。
特徴的な名前であるほど聞かれることが多くなります。

2.社名を決める際の注意点


社名には以下のような制限があるので注意してお選びください。

2-1.前後どちらかに法人格が入る

解説

「前株」や「後株」と言われるように、社名には前後どちらかに法人格を表す「株式会社」や「合同会社」といった文字が入ります。どちらにするかは自分で選べるので一緒に考えておきましょう。

2-2.一定範囲内に同じ社名の会社があるとアウト!

法律の規制

会社法で「同一住所に同じ社名の会社は設立できない」と定められているため、住所が異なれば問題ないはずですが…。


でも実際は...
同一の市町村内に同じ社名の会社があるとアウト!
理由は「先にその社名を使っている会社から不正競争防止法違反で訴えられる恐れがあるため」です。
中には同一県内で同じ社名があると受理されないケースもあるので、できるだけ社名は被らないようにしましょう。

2-3.一定範囲内に似た社名の会社があるとアウト!

これの理由は先ほどの「一定範囲内に同じ社名の会社があるとアウト!」と全く同じ理由なので省略させていただきます。解説には以下のボタンで飛べます。

2-4.商標登録されているとアウト!

解説

社名に入る名前が商標登録されている場合、権利者に許諾を取らない限りその名前を使うことはできません(許諾を取るのはほぼ不可能なので実際は実現不可)。

極端な例ですが「株式会社ピカチュウ」は任天堂とその関連会社以外作れないということになります。

2-5.超有名企業と被っているとアウト!

解説

誰もが知っているような有名企業や、特定の業界でよく知られている企業など、あまりに有名な会社と同じ名前を使うことはできません。

これも不正競争防止法違反で訴えられる可能性があるのが理由です。

3.社名に使える文字一覧


ひらがな制限なし。
カタカナ制限なし。
漢字制限なし。
アルファベット大文字、小文字共にOK
アラビア数字0、1、2、3、4など、私たちが普段使っている数字
一部の記号・(中黒)/.(ピリオド)/,(カンマ)/-(ハイフン)/
‘(アポストロフィ―)/&(アンド)が使用可能。
注意

@や!、?は使えないのでご注意ください。

4.社名が決まったら本当に使えるか確認しましょう

類似商号調査で確認

決めた社名が「社名を決める際の注意点」でお伝えした社名が使えない条件に該当していないかどうかを調べることを「類似商号調査」と言います。

社名選びには必要不可欠なのでこちらも必ず一緒に行っておきましょう。

やり方は以下の記事で解説しています。

類似商号調査のやり方を徹底解説