会社設立の流れをわかりやすく解説中!

【起業&会社設立】自宅を本社(オフィス)にするメリット&デメリットまとめ

自宅を本社として会社を設立するメリットとデメリットをわかりやすく解説していきます。

自宅をオフィスにするメリット

メリット一覧
家賃を節約できる
これが最大のメリットです。
家賃及び水道光熱費を節約できるため、売り上げが不安定な起業当初は特にありがたい恩恵となります。
出社時間を短縮できる
いつでも仕事ができる便利さがあります。
節税できる
家賃や水道光熱費の一部を経費で落とせるので節税・節約効果があります。

自宅をオフィスにするデメリット

デメリット一覧
住所が公開されてしまう
これが最大のデメリットです。
世の中のすべての会社の所在地は公開されており、これは自宅をオフィスとする場合でも例外ではありません。
物件によってはオフィス利用NG
賃貸・分譲を問わずオフィス利用がNGのマンションもあるため、大家さんや管理組合に聞いてみる必要があります。
メリハリがつかない
自宅とオフィスが一緒だとメリハリがつかずサボりがちになる恐れがあります。
これは個人の性格によるところですが、心当たりがある方は避けたほうが無難でしょう。

まとめ:結局自宅を本社にするのはありなのか

結論はやめておいたほうがよいです。

理由
  • 住所が公開されてしまうデメリットが大きすぎる
  • バーチャルオフィスは月額数千円で契約できるので、そちらを利用すれば住所を晒す必要がない

自宅を本社にして仕事をしたいならバーチャルオフィスを使おう!

バーチャルオフィスの特徴
  1. 月額5000円程度~と安い(※サービスによる)
  2. 郵便物の転送や来客対応は基本的についているので安心
  3. 電話やFAXの転送が可能なサービスもあり、バックオフィス業務をサポートしてもらえる

「本社となる場所を訪問してみたら賃貸マンションの1室ということもあるのでバーチャルオフィスはダメだ!」という意見もありますが、来客対応を行っている業界大手の業者を選べばきちんとしたオフィスビルに住所が持てるのでご安心ください。

バーチャルオフィスについては以下の記事で解説しています。

【起業&会社設立】自宅を本社(オフィス)にするメリット&デメリットまとめ

オフィスの形態を知る

以下の記事で各種オフィスの紹介と比較を行っています。

オフィスの種類別比較&特徴まとめ