会社設立の流れをわかりやすく解説中!

レンタルオフィスの特徴とメリット・デメリット

レンタルオフィスの特徴

解説
  • 個室を借りられる(シェアオフィスとの違い)
  • 一等地に安くオフィスを持てる
  • オフィス家具完備
  • ネット回線完備(別途契約不要)の物件も多い
  • 会議室や応接室を借りられるところもある
  • 人数に応じてサイズを選べる

向いている人・業種

こんな人におすすめ!
  1. 電話を使うことが多い人
  2. 個室でないと集中できない人(個室が欲しい人)
  3. 複数名で起業する人
  4. 機密情報を扱う業種の人(コンサルなど)

レンタルオフィスのメリット&デメリット

メリット

個室が使える
シェアオフィスとの大きな違いが個室の有無です。
先程の「向いている人・業種」部分でもお伝えしましたが、ただパーソナルスペースを得られるだけでなく、電話を使うことが多い人やコンサルといった機密情報を扱う人には不可欠な要素になります。
一等地にオフィスを持てる
レンタルオフィスは都会の一等地のビル内に多く存在するため、安い賃料で一等地にオフィスを持つことができます。
オフィスの所在地は信用やイメージに影響するのでこれは大きなメリットです。
オフィス家具が完備されている
デスクやイスといったオフィス家具が完備されているので設備投資を大幅に抑えられます。
水道光熱費込み
ほとんどのレンタルオフィスが水道光熱費や管理費込みの価格設定なので余計なコストを抑えることができます。これも賃貸オフィスに勝るポイントです。
オプションサービスが充実
秘書代行やコピー機等のレンタル、荷物の転送や来客対応といった豊富なオプションサービスが使えるところが多く、事業の成長に応じて柔軟に業務の効率化を図ることができます。
サイズ変更が可能
オフィスのサイズを変更することができるので、従業員の増加に柔軟に対応できます。

デメリット

改装できない
内装にこだわりたい人には向きません(※起業時は内装よりも実務にお金をかけましょう)。
賃貸オフィスと比べてプライバシーがない
賃貸オフィスに比べて壁が薄いところが多いため、隣の話し声や物音が聞こえてしまうこともあります。
スペースが狭くなりがち
一人当たりの面積を定めているところが多いので、一人当たりのスペースが狭くなりがちです。

ほかの形態のオフィスと比較

以下の記事でほかの形態のオフィスとの比較を行っています。

オフィスの種類別比較&特徴まとめ