会社設立の流れをわかりやすく解説中!

シェアオフィスの特徴とメリット&デメリット

シェアオフィスの特徴

MEMO
  • 個室ではなくフリーアドレスの席をレンタルするオフィス
  • 個室のレンタルオフィスよりは安価だがバーチャルオフィスよりは高い
  • 貸し会議室等の設備が整ったところが多い

向いている人・業種

こんな人におすすめ!
  1. 周りに人が居るのが気にならない人
  2. 電話をかける機会が少ない業種

シェアオフィスのメリット&デメリット

メリット

一覧
料金が安い
作業スペースの割り当てがないバーチャルオフィスを除くとオフィスの中では最も安い形態のサービスです。
地域にもよりますが月額1万円程度~利用できます。
設備が整っている
電源やwifiはもちろん、会議室などのスペースやコピー機等もあらかじめ用意してくれているので設備投資を大幅に節約できます。
来客対応が可能
個室がないものの、多くのシェアオフィスが打ち合わせスペースや会議室の提供を行っているので来客があっても安心です。

デメリット

一覧
プライバシーがない
周りの利用者との距離が近いところがほとんどなので機密情報の保護に気を遣う必要があります。
騒々しい
周りの利用者が立てる音が聞こえるため、気になる人にはおすすめできません。
電話のたびに外に出なければならない
電話がよくかかってくる仕事の人はやめておきましょう。

コワーキングスペースとの違い

シェアオフィス
解説

仕事場を提供する目的で運営されているスペース。ほとんどが法人登記可能(=本社として利用できる)。

コワーキングスペース
解説

利用者同士によるコミュニティ形成を促してビジネスを加速させることを目的として運営されているスペース。
法人登記ができないところが多いため、多くの検索サイトではシェアオフィスと区別されている。

ほかの形態のオフィスと比較

以下の記事でほかの形態のオフィスとの比較を行っています。

オフィスの種類別比較&特徴まとめ