会社設立の流れをわかりやすく解説中!

バーチャルオフィスの特徴とメリット&デメリット

バーチャルオフィスとは(特徴)

解説
  • 住所のみをレンタルする形態のオフィス
  • 荷物の転送を行ってくれる
  • 電話やFAXの転送、その他のサービスは別料金や上位プラン限定のところが多い

向いている人・業種

こんな人におすすめ!
  1. 自宅で仕事をしたい人
  2. 住所のみ借りたい人
  3. 来客の可能性がない業種の人

バーチャルオフィスのメリット&デメリット

メリット

一覧
料金が安い
バーチャルオフィスの利用料は大手でも月額5000円~とオフィスの中では破格の部類です。
サービスが充実しているところは高いですが、それでも月額20000円も出せば十分なサービスを受けられるのでコストパフォーマンスは最高と言えます。
一等地に本社を持てる
大手サービスは一等地の住所を使えるところが多いので信用の獲得に役立ちます。
全国各所の都会を選べる
大手サービスは全国各地に拠点があるので、地方在住で住んでいる都道府県の県庁所在地や地方の政令指定都市に本社を置きたいというニーズにも対応できます。

デメリット

一覧
来客対応がしづらい
有人の受付と来客対応を行っているサービスがありますが、自分がいるわけではないので来客対応はしづらいです。
頻繁に来客がある可能性が高い業種で起業するのであれば通常のオフィスを借りることをおすすめします。
認許可は取れない
中古品販売に必要な古物商許可といった国や行政からの認許可はバーチャルオフィスでは取れないので、必要な業種の方は避けましょう。

ほかの形態のオフィスと比較

以下の記事でほかの形態のオフィスとの比較を行っています。

オフィスの種類別比較&特徴まとめ