会社設立の流れをわかりやすく解説中!

【STEP6】会社設立時に用意する必要があるものを知ろう

会社設立の基礎知識がまるわかり!

会社設立簡単格安ガイド」の「会社設立入門講座」へようこそ!
この講座では会社設立をスムーズに進めるために知っておくべき基礎知識をわかりやすく解説しています。

第6回の今回は「会社設立に必要なものの紹介」です。

会社設立に必要なもの一覧

お願い

一部、参考記事へのリンクを貼っていますが、全体を把握するほうが大切なので、先に当記事及び「会社設立入門講座」を読み進めてください。

物品・資本・ツール類

名称解説
資本金設立時に出資する自己資本。
創業時の設備資金や運転資金になる。
登記書類作成サービスSTEP4(第4回)で紹介した会社設立の時短&コスト削減ツール。
状況に応じて司法書士に変更。
PC書類作成サービスの利用に必要。
スマホでも使えるが、書類の編集を行う箇所があるためPCを推奨。
Word作成した書類の編集に必要(無くても代用可能)。
コピー機
(プリンター)
作成した登記書類の印刷に必要。
コンビニ等のコピー機での代用も可能。
個人の実印印鑑登録済みのもの。
発起人全員のものが必要。
個人実印の印鑑登録証明書個人実印の有効性を証明するために必要。
発起人全員分が必要。
会社の印鑑登記に必要。
「実印(代表社印)・銀行印・角印(認印)」の3点セットで売られている。
オフィス本社のオフィス。
オフィスは複数種類あるのでこの記事を参照
銀行口座(個人)法人口座がない会社設立時の資本金の入金先。
発起人のいずれかの名義である必要がある。
決算公告用のwebサイト株式会社のみ必要なランニングコスト削減用サイト。
詳細はこの記事を参照

合計11点

作業環境関連

超基本的なものですが念のためご紹介します。

インターネット環境登記書類作成サービスの利用に必要。
メールアドレス登記書類作成サービスのアカウント開設と連絡に必要。

個人名義のクレジットカードも用意しておこう!

カードがあると非常に便利なので飛ばさずお読みください!

補足

  • 未成年者
  • カードの審査に通らない方
は「デビットカード」をご利用ください。

法人カードの難点
審査が厳しい
法人カードの審査は個人カードとは比べ物にならないくらい厳しくなっています。
創業時は実績がない分、創業者個人の与信を見られるので若い方は特に通りにくいです。
発行に時間がかかる
カードの発行には数週間かかるため、個人名義のカードがないとその間、銀行振り込みといった面倒な決済手段しか使えません。
銀行口座も待たされる
法人口座の開設も2週間程度待たされます。
したがって、無事審査に通っても法人カードが使えるようになるには1ヶ月はかかるとお考えください。
個人名義のカードの代用で解決!

以上の問題点も個人名義のカードを代用すれば全部解決します!

個人名義のクレジットカードまたはデビットカードの発行は必ず行っておきましょう。


「会社設立入門講座」で基礎知識を学ぼう!

これで基礎は完璧!

会社設立をお考えの方が最低限知っておくべき基礎知識をわかりやすく解説しています。
ぜひSTEP1から順番にお読みください!